妊婦健診について
この度はご妊娠おめでとうございます。
お腹の赤ちゃんがお健やかに発育されますことを、心よりお祈り申し上げます。
安心してご妊娠中をお過ごしになられますよう、スタッフ一同お手伝いさせて頂きますので宜しくお願いします。
妊婦健診の間隔について
妊娠23週までは4週間毎、妊娠24週(妊娠7ヶ月)から妊娠35週 (妊娠9ヶ月)までは2週間毎、妊娠36週から妊娠40週までは1週間毎となり、予定日を過ぎますと4〜5日毎に行なわれます
助産師外来
妊娠30〜32週頃、当院分娩予定者に助産師による妊婦健診(助産師外来)を行っております。乳房のお手入れについての説明や皆さんの立てたバースプランがより明確になるよう、助産師がアドバイスいたします。
妊婦健診で行う検査
毎回行われる検査
血圧測定、体重測定、腹囲・子宮底計測、尿検査(蛋白・糖)、浮腫の有無、超音波検査、隔回に内診(子宮口・帯下のチェック)

週数により必要な検査
妊娠初期血液検査
(妊娠10〜12週)
血液型、不規則抗体(溶血をおこす物質の有無)、白血球・赤血球・ヘモグロビン・血小板数、風疹、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV、TSH(甲状腺機能)、血糖
妊娠後期血液検査
(妊娠30〜32週)
白血球・赤血球・ヘモグロビン・血小板数、肝機能検査、ATLA(成人T細胞性白血病)
その他 ・子宮癌検査(妊娠初期頃)
・クラミジア検査(妊娠24週頃)
・胎児心臓スクリーニング検査(妊娠20〜30週)
・心電図(妊娠28週〜32週)
・一般細菌培養検査(妊娠35〜37週)
・NST(ノンストレステスト)(妊娠36週以降毎回)
御希望により行われる検査
トキソプラズマ
人畜共通感染症で、ヒトにはネコなどのペット、生肉などから感染します。
先天性トキソプラズマ症は新生児の重症疾患の1つで、主に母体が妊娠中に初感染することによっておこります。 

出生前診断
●血液検査(妊娠15〜18週)
染色体異常(主にダウン症)、神経管異常のスクリーニング検査で、リスクが確率であらわされます。
●羊水検査(妊娠16〜18週)
直接おなかに針を刺して羊水を採取し、羊水中の細胞を培養し染色体異常の有無を調べます。低い確率(約0.3%)ですがこの検査により流産することもあります。

3D超音波
御通院中以外の方も歓迎致します。あかちゃんの推定体重などの一般的な超音波検査とあわせて5,250円かかります。ビデオ撮影も出来ますのでご希望の方はVHSテープをお持ち下さい。

10週 17週 23週
10週
17週
23週
29週 32週 34週
29週
32週
34週
 
 
育児情報ひろば!